インターネットの情報共有ツール
 搭載機能のご紹介4
 自発行動を促す「個人情報ツール」
HandyWareトップページへ
HandyWareにログイン!  


あさかぜネット(インターネット活用術)へ
トップページへ
搭載機能のご紹介
組織を活性化する
 (コミュニケーション)
業務の無駄を省く
作業効率を上げる
自発行動を促す
管理者の仕事
あなたが得する事
ユーザーの声
サイトマップ
ユーザーズリンク
会社案内
特定商取引に関する法律に基づく表示

 

このページの更新・サービスは終了しております。


★自発行動を促す「個人情報ツール」
 自発的に行動を起こすためには、自己管理ができなければなりません。自己管理の最低条件は、自分に関する情報を自分で管理することです。
 良いシステムを持った組織では、構成メンバーが、それぞれ自発的に行動を起こすので、問題やクレームに対する対応が早く、安定した業績をあげることが期待できます。自発的に行動を起こすためには、自己管理ができなければなりません。自己管理の最低条件は、自分に関する情報を自分で管理することです。
 また、自分の足跡が記録されるツールがあると、怠け心を防止できます。
 これらは全てHandyWareの個人情報ツールを利用することで楽々と対応できてしまいます。

 HandyWareは、次のような個人情報ツールを備えています。
  1. 自分に必要な情報一覧:【コーヒーブレーク】
  2. 個人情報の管理:【個別情報変更】
  3. 足跡を記録する:【訪問記録】

1.自分に必要な情報一覧:【コーヒーブレーク】
【コーヒーブレーク】(クリックで拡大:別ウインドウが開きます)
↑ ↑
クリックすると拡大画像を表示します。

 今自分にとって必要な情報をまとめて表示します。

 その日一番最初に見るべきもので、コーヒーでも飲みながら、その日の計画を確認するためのものです。
 コーヒーブレークでは、次に示すデータを含め15項目の情報が得られます。

  1. 今日の行事予定
  2. 今日の行動予定(スケジュール)
  3. 今日の施設予約
  4. 自分宛の伝言
  5. 回覧
  6. 未追認の行動予定(スケジュール)
  7. 未処理の備忘録
  8. 電子会議室過去数日間の発言

2.個人情報の管理:【個別情報変更】

【個別情報変更】(クリックで拡大:別ウインドウが開きます)
↑ ↑
クリックすると拡大画像を表示します。

 自分に関する情報を自己管理します。

 住所や氏名などの情報の他、画面の色等の画面オプションを設定できるツールで、各自に自己管理させるものです。自分に関する情報を自己管理する事によって、自己管理の意識が養われます。

 HandyWareの個別情報変更の主な機能は次のとおりです。
  • パスワードを変更できます
  • メニューや画面色など、自分用HandyWareのカスタマイズができます
  • 備考欄には、代理設定の状況や兼務状況も表示されます
  • 一般ユーザーは他人の個別情報を変更することはできません
  • 管理者は管理メニューから全員の個別情報の一部を変更することができます

3.足跡を記録する:【訪問記録】

【訪問記録】(クリックで拡大:別ウインドウが開きます)
↑ ↑
クリックすると拡大画像を表示します。

 自分が何時どのツール(アプリケーション)を使ったのかが記録されます。

 記録された訪問記録データは、評価の材料としても利用できます。この事は、つい後回しにしたくなる気持ちを打ち負かす力として作用しますので、行動に迷ったときに本人の背中を押してくれます。

 HandyWareの訪問記録の主な機能は次のとおりです。
  • 電子会議室へのアクセスは、背景が緑で表示されます
  • 携帯電話からのアクセスは、文字が赤色で表示されます
  • 自分の訪問記録は他の一般ユーザーからは見ることができません
  • 管理者は管理メニューから全員の訪問記録を見ることができます


★お問い合わせ

 お問い合わせはこちらへ=> あさかぜネットのお問い合わせページ


 Copyright(C) 2000-2004 AsakazeNet All rights reserved. 無断転載はご遠慮願います。
当サイトはあさかぜネットが運営しています。